ごあいさつ
  園の紹介
  園の生活
  保育だより
 園歌
 幼稚園 Q&A
 アクセス
  園児募集情報
  子育て支援
 ママ&パパの声
  リンク
めぐみ 12

主題 主題 :喜び合う
聖句 きょうダビデの町に、あなたがたのために救い主がお生まれになった。このかたこそ主なるキリストである。(ルカ2:11)

 今年もいよいよクリスマスが近づいてきました。幼稚園ではアドベント(待降節)に入りました。アドベントには「来る」という意味があり、それはイエス様がこの世に来られたご降誕を覚えつつ過ごす期間です。
 世界で最初のクリスマスの日、御使いは、ベツレヘムの町の外で羊の群れの番をしていた羊飼いたちに、大きな喜びの知らせを伝えました。それは救主の誕生についてでした。この知らせを受けた羊飼いたちはすぐに救主に出会いに出かけます。当時、人口調査によって多くの人々で賑わっていたベツレヘムの町で、諦めずに、繰り返し捜し続け、やっとのことで救主に出会えた時、大きな喜びの知らせが彼らの心の中で大きな喜びになりました(20)。なぜ、神様は、救主のご降誕を世界で最初に伝える人々として、当時、社会的に見下げられていた羊飼いを選ばれたのでしょう?それは救主のご降誕が社会的な身分に関わらず、人々を罪から救うためだったからです(マタイ1:21)。羊飼いたちは神様を讃美しながら帰っていきました。
 クリスマスの時期、私たちも、イルミネーションやケーキ、プレゼントなど、心を弾ませる中で、イエス様のご降誕が私たちのためでもあったことを覚えるならば幸いです。神様は、この大きな知らせが、私たちの心の中でも大きな喜びとなることを願っておられます。幼稚園ではイエス様のご降誕を讃美する声が響き渡ります。共に喜びの讃美を神様に捧げつつ、イエス様のご降誕をお祝いするクリスマスを待ち望んで日々歩んでいきましょう。
川井信雄

 今週より幼稚園では一足早く、アドベントに入りました。今、世の中でも工夫を凝らしたアドベントカレンダーが沢山店頭に置かれ、開けると中からチョコレートや中には化粧品が出てくるようなゴージャスなものもあるとの事です。テレビでもタレントさんがそれらを紹介して「アドベントカレンダーとはクリスマスの日まで毎日一つずつ開けていくものですよ〜。楽しみですよね〜。」と言っていました。クリスマスを待つのが楽しみなのは一般的な感覚かもしれませんが、アドベントの意味を知ってのことなのかな?と疑問に思いつつ見ていました。
 めぐみ幼稚園の子達はアドベントの意味を今週、しっかりと知ることができたと思います。毎週1本、ローソクに火を灯して4本のローソク全部に火が灯った時がクリスマス。私達の罪を救ってくださる為にこの世に来られるイエス様のお誕生を心待ちに過ごすのがアドベントなのです。今までクリスマスはサンタさんが来る日、プレゼントを貰いご馳走を食べる日と思っていた子ども達が、「クリスマスって?」の問いに「イエス様の誕生日!」と大きな声で自信満々に答える姿に、本当の意味を分かっていることを嬉しく思っています。
 ゆり組の子ども達は降誕劇の準備に取り組み始めました。一般的な劇の発表とは違います。せりふの長さや出番の多さ、見た目の華やかさで役の価値が決まるのではありません。どの役も全て欠けてはならない大切な役。みんなが主役です。そして目的は、自分の凄さを誇ることではなく、クリスマスの意味を未だ知らない方々に自分達の劇を通してお伝えすることです。さくらさんも、ちゅうりっぷさんもそれぞれの形でクリスマスのお祝いの準備をしています。 当日はどうぞご家族皆様でお出掛け下さり共にイエス様の御降誕をお祝い致しましょう。
 今学期はクリスマス会を持ちまして終了となります。行事の多い2学期でしたが様々なところでお祈りとご協力を頂きましたことを心から感謝申し上げます。健康に留意されて皆様どうぞよいお年をお迎え下さい。
福原由紀
  
Copyright(c)2006 Yurigaoka Megumi Kindergarten. All Rights Reserved.