ごあいさつ
  園の紹介
  園の生活
  保育だより
 園歌
 幼稚園 Q&A
 アクセス
  園児募集情報
  子育て支援
 ママ&パパの声
  リンク
めぐみ 4

主題 出会う
聖句 「安かれ」と言われた。(ヨハネ20:26)

 いよいよめぐみ幼稚園の新年度が始まりました。めぐみ便りの巻頭言では、聖書のみ言葉をやさしくご紹介したいと思います。
 今月の聖句は、2千年前、イエス様が十字架で死なれた後、三日目に甦られ、弟子たちに語られたものです。「安かれ」は、平安・平和の意味であるヘブル語の「シャローム」という言葉であり、挨拶の言葉です。しかし、イエス様は単なる挨拶以上の意味を持たせて用いられました。聖書では一貫して、シャロームは課題がない状態のことではなく、満たされた状態のことを言います(例えば争いなどがない状態ではなく、神の愛がすべての人々にある状態のこと)。この時、弟子たちは慕ってきたイエス様が十字架で処刑され、自分たちも捕まるかもしれないという極度の不安と恐れの課題の中で、閉ざされた家の内に隠れていました。イエス様はその弟子たちに「安かれ」と語られたのです。この時、シャロームが究極的な意味を持ちました。つまり、平安とは、課題の只中であっても、甦りのイエス様の臨在によって得られるものなのです。
 新年度を迎えて、園児たちは勿論、ご両親も、期待と不安が心の中で入り混じっていることでしょう。めぐみ幼稚園のベテラン先生たちが園児たちに「心をとめて」丁寧に寄り添いますのでご安心ください。何よりも、「安かれ」と語ってくださるイエス様が共にいてくださいます。イエス様のみ言葉に「心をとめて」、この一年間を園児たちと共に過ごしましょう。人生の課題の中でもイエス様の臨在の中で平安を得ることができます。一年間、どうぞよろしくお願いいたします。        
川井信雄

 入園進級おめでとうございます。今、近くの公園は桜が満開です。この時期、家族で良い時間を過ごされましたか?これから子どもたちはお母さんと離れて自分で生活していくことになります。特に新入園のこどもたちは初めての社会生活のスタートです。どんな気持ちで居るのかな?ドキドキしているのか、ワクワクしているのか、不安で一杯なのか・・・。一人一人のお子さんの顔を思い浮かべながら私達は皆さんをお迎えする準備をしています。お母さんもきっと同じように不安なのかもしれませんね。でも、一人ではありません。同じ時期に同じ時間を過ごす仲間が居ることをお母さんも覚えていて欲しいと思います。ここに集まった皆さんは、偶然出会った訳ではなく、仲間や、教職員、ここでの出会い一つ一つが神様からの大きな恵みであると私達は考えます。神様が与えて下さることには間違いはありません。この出会いから更に豊かな大きな恵みがこれから先も与えられ続けていくことでしょう。楽しみですね。
  明日からは元気に登園する子、お母さんから離れられなくて大泣きする子、じっと佇んで動かない子、何だか動き回る子、十人十色だと思います。どの表現方法も、今そのこの心を素直に表すものであることを心に留めて、精一杯関わらせて頂きます。お母さんも「何でうちの子は・・・」とよそのお子さんと比較するのでなく、ありのままを受け止めてあげてください。そして「頑張れ」ではなく、その子の発する言葉をそのまま返してあげて欲しいと思います。「幼稚園嫌い!」と言ったなら「そうなの、嫌いなの?」と言うように・・・。お母さんが自分を受容してくれていると感じることが早く慣れて行く為の大きなエネルギーになることをお伝えしたいと思います。いよいよ2017年度がスタートします。一年間どうぞよろしくお願い致します。   
福原由紀
      

Copyright(c)2006 Yurigaoka Megumi Kindergarten. All Rights Reserved.