ごあいさつ
  園の紹介
  園の生活
  保育だより
 園歌
 幼稚園 Q&A
 アクセス
  園児募集情報
  子育て支援
 ママ&パパの声
  リンク
めぐみ 9

主題 弾む
聖句 ザアカイは急いでおりてきて、よろこんでイエスを迎え入れた。 (ルカ19:6)

 ザアカイはユダヤ人で、税金を徴収する取税人の長であり、お金持ちでした。しかし、当時、取税人はローマ帝国のためだけでなく、自分のために上乗せして取り立てていたため、ユダヤ人たちの間で嫌われていました。ザアカイも友人が少なかったようです。ある日、自分の町に来られたイエス様を一目見に行きました。しかし、背が低かったザアカイは群集に遮られてイエス様を見ることができません。そこで、イエス様が進まれる場所に先回りして、いちじく桑の木に登り待ちました。いちじくの木の幹は低く、四方八方に広がった枝には葉が茂り、9〜12メートルまで成長します。そのようなザアカイを見上げ、イエス様は「ザアカイよ、急いで下りてきなさい。今日、あなたの家に泊まることにしているから。」と言われました。ザアカイは急いで木から降り、喜んでイエス様を家へ迎えました。そして、イエス様との交わりを通して、自らの罪の悔い改めへと導かれ、救いを受けたのです(9-10)。
 この話は、ザアカイがイエス様を熱心に求めた以上に、イエス様がザアカイを熱心に求めた話です。イエス様は私たちをも求めておられます。ザアカイのように、イエス様との交わりの中で、私たちも自らの罪や救いなどに気づかされ、他者への愛と思いやりを培われるのです。園児たちにもイエス様がいつも彼らを求めておられることを知っていてほしいです。そして、イエス様との交わりの中で心はずまされ、先生たちやお友だちとの関わりの中で遊びを広げ、2学期の行事を楽しみ、神さまが造られた自然の変化を味わってほしいです。2学期もどうぞよろしくお願いいたします。
川井信雄
    

 暑い暑い夏でしたね。でも私にとっては喜び一杯の夏となりました。ひとつは、園児礼拝に毎回出席してくれるお友達が多くなったこと。父母礼拝との合同も3回持たれましたが、毎回お部屋が狭いと感じるほどお家の方の参加があって、お父さんが助けて下さるミニプール遊びは大盛り上がりで本当に楽しかったです。水を掛け合ってはしゃぐお父様方の顔はまるで子どものような笑顔で、きっと瞬時に童心に返られたのでしょうね。心温まるひと時でした。そして何より嬉しかったのは園庭が新しくなったこと。連日の猛暑の中で懸命に作業を進めてくださった『鰍アどもみらい』の方々には感謝の気持ちで一杯です。そしてお披露目会には会社の方も参加してくださり心温まる交流が持たれました。新しい遊具に満面の笑みときらきらの瞳で子ども達は一斉に向かっていきました。これから大切に使っていく中で、沢山の力を育てて欲しいと願わずに入られません。
 『力』と言えば今月末には運動会が開催されます。めぐみ幼稚園の運動会は沢山練習して仕上がったものをお見せするのが目的ではなく、神様から頂いた元気な体を沢山使って心を十分に動かして皆で一緒に作り上げていくものです。日々の遊びの中で色々な競技の要素を取り入れ、興味を示した子がやり始め、それを見ていてやってみたくなる子がいたり、勝ちたいと思うようになったり、ちょっと自信をなくしたり、憧れたり、協力し合ったり…。経験したことがそれぞれの表現方法で表されるのを皆で一緒に楽しみ、喜びを分かち合う運動会でありたいと願っています。皆様のご協力、応援が必要不可欠です。どうぞよろしくお願い致します。さあ、2学期の始まりです!!
福原由紀

Copyright(c)2006 Yurigaoka Megumi Kindergarten. All Rights Reserved.